スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状報告

お久しぶりです。
更新がしばらく止まっていました。
申し訳ありません。

今日はお知らせがあります。
御存知の通り藍さんは副腎を患っており闘病中です。
藍さんは年齢のこともかんがみて積極的な(外科手術など)
治療は行わないという方向でおります。
今はリュープリンとアガリクスなどに頼っています。


今日お伝えしたいのは小町のことです。
一週間ほど前に小町の具合が急激に悪くなりました。
鼻先のピンク色が黄色く変色し
明らかに元気を失っていましたので
慌てて病院へ行くことにしました。

血液検査の結果肝臓の数値が大変悪くなっており
エコーを撮ったところ副腎の付近に大きい腫瘍がみられました。

急を要するということで一週間ほど入院させることにしました。
藍さんと小町がお世話になっている病院は
愛知の犬山の病院と連携しておりそちらの先生方の意見なども
合わせた結果やはり副腎の腫瘍が悪さをしているようです。
この間点滴や薬の投薬で大分持ち直した感はあります。
今日、容態と肝臓の数値が安定したので
一時的に帰宅しました。

今後2週間、薬を服用しさらに肝臓の数値を安定させ
2週間後犬山の動物病院へ空輸することに決めました。
あちらの病院の都合もありますので連絡があるまで自宅待機です。

空輸や移動に使う体力など不安な想いは多々あるのですが
小町は5歳です。
手術に踏み切るには今しかありません。
もちろん5歳が若いとも思っていません。
若くても残念ながら命を落とす子もいるでしょう。
お腹を開いても手遅れという可能性もあります。

ただ今コマ

疲れたこま

本人にとって望ましいものなのかどうかも誰にもわかりません。
ただ、手術ができるのであれば、
私の勝手な都合ですがこの機会にかけてみたいのです

Comment

なまはげ  

ご返信

>>みゅーさん
私達も驚くくらい急に体調が悪くなりました。
前日まで元気だっただけに大変焦りました。
早く空輸に耐えられる体力をつけて
帰ってきてくれることを願っています。

>> ☆ガーランド☆さん
ガーランドさんも大変でしたね。
うちも血液検査の結果肝臓の数値がと言われたので
最初は副腎ではないのか?何なんだ?と混乱しましたが
結局は副腎にできた腫瘍が悪さをしていたようです。

おっしゃるとおり犬山の動物病院さんでお世話になっています。
うちの奥さんも何度もお世話になっており
先生もそれを覚えていらしゃって(これも驚きました)
お忙しいのにも関わらず直接電話でお話させて頂きました。
今はとにかく体調が安定することを望んでいます。

>>銀の乳母さん
年齢的にもまだ数年は生きられると思いますし
今しかないと思って決断しました。
手術後に一度先生とお話させて頂きましたが
それからは今のところ容態について電話もないので
なんとも言えませんが(4,5日経ってからまた連絡しますとのやりとりはありました)
逆に順調に回復してるものと思っています。

>>いたちの親分さん
インスリも怖いですよね。
最初、急にぐったり&貧血のような症状が出たので
そちらを疑いました。
その子の生命力に掛ける場合しかないこともありますよね。
その時に決断するのはかなり迷います。
うちもうまく病気と付き合っていけるといいな

2013/08/10 (Sat) 19:17 | EDIT | REPLY |  

みゅー  

No title

小町ちゃんも藍さんも大変だったんですね。
手術が成功して元気な姿で戻ってきてくれる事を
私もお祈りします。

藍さん、小町ちゃんがんばれー!

2013/08/07 (Wed) 07:49 | EDIT | REPLY |  

☆ガーランド☆  

No title

今、記事を見て驚いてしまいました。
我が家のビビも6月中旬肝臓、腎臓の数値が最悪に上がっており、毎日の点滴→3日おき→週一→現在は10日に一度の点滴に落ち着きました。腹水、胸水も溜まって居たので自宅でも酸素室での生活を2週間。今は落ち着いて通常の生活です。
そして、ベティは去年副腎摘出手術を同じく5歳で受けて、今は病もなく過ごしています。

おそらく、犬山の同じ病院ですよ!
エキゾ専門の先生でしたら、主治医でとても優しい先生です!
不安もあるかと思いますが、こまちゃんの生きる力を信じます!!!
その時期に通院予定もあるので、こまちゃんにお会いできると良いけれど。
とにかく、こまちゃんが穏やかに過ごせますように!
ここからも元気玉送ります!

2013/08/02 (Fri) 23:14 | EDIT | REPLY |  

銀の乳母  

小町さん、頑張ってますね。
我家も銀の時、判断を迫られやっぱり治療を選びました。
犬山で頑張ってほしいな。
私の知ってる先生かな?
だとしたら優しい、いい先生ですよね。
治療、上手くいくよう祈ってます。

2013/07/27 (Sat) 17:49 | EDIT | REPLY |  

いたちの親分  

No title

こまちゃん、大変だったんですね。
うちの次男坊も脾臓腫瘍と副腎腫瘍で インシュリンノーマで低血糖の発作を繰り返してました。
6歳なので手術はせずに内科的治療を続けています。手術も一つの方法だと思いますが、回復して長生きした話はあまり聞かないので、自分は内科的治療と本人の持っている自己治癒能力で様子見をしています。
 7歳の長男は、以前4歳で副腎腫瘍、6歳でインスリンノーマになりましたが、手術することなく自己治癒?したのか今では全く症状もなく元気です。
 こまちゃん、がんばれ!

2013/07/27 (Sat) 16:46 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。